更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    事務の仕事は楽なのか?

    特別なスキルが無くても就職しやすい仕事としては、事務職が代表的なものですね。

    事務職はなんとなくデスクワークのような仕事だと想像はつきますが、では具体的にどのような仕事内容なのかと尋ねられたら、実際にその職業についていたことがある人でない限りは、とっさには答えにくいのではないでしょうか?

    ただ、パソコンにデータを入力したり書類の作成や整理をしていればいいのか?

    これで、なんとなく事務職に就いて説明できたような気がしますよね。

    その他のイメージとしては、ずっと机に座っているとか、黙々と作業をこなしている、ときどき電話応対に出る、といったくらいのものでしょうか。

    こういうイメージのために、事務職は一人で落ち着いてできる仕事として、コミュニケーション能力にあまり自信が無い人にも人気の職業のようです。

    しかし、事務職はただ一人で黙々と作業をしているだけで済むような単純な職業ではない点に注意をしておきましょう。

    私も以前、事務職にひかれて経験のある一人ですが、意外と職場でのやり取りが重要になってくるのです。

    実際に、事務職とはいってもお客の対応まですることはしょっちゅうありましたし、あまりコミュニケーション能力が無い私にはけっこうきつく感じられました。

    あまり余裕がない会社だと、事務職でも営業として出される場合もありますから、事前によく確認しておきたいですね。事務職を募集しておいて全く違うことをやらせる、こんなブラック企業はあまりないかもしれませんが念のためです。

    少なくとも、コミュニケーション能力に自信が無いという理由だけで事務職を選ばないほうが良さそうです。事務とは、どこからどこまでが仕事に入るのが、判断しづらい面があります。

    事務職を選ぶのなら、何となくのイメージよりも、具体的にどんな仕事内容なのかをしっかりと把握してから、応募するようにしたいですね。


    事務職とはどんな仕事?

    比較的楽そうな仕事の代表的なものの一つが事務職ではないでしょうか。

    事務職は、ちょっとパソコンのスキルや事務的な能力さえあれば、たしかに人を選ばないような仕事という見方もできるでしょう。

    なにより、ずっと机に座っていればいいので、接客や営業などのような慌ただしさもないし、体力も使わないので、そういう意味では楽な仕事と言ってもいいかもしれません。

    しかし、事務職は事務職なりの辛さがあることを、実際に経験したことのある人ならご存知なのではないでしょうか。

    まず、事務職だからと言って与えられる仕事がデスクワークばかりとは限らない場合があるのです。

    会社によっては時に接客や営業の仕事を回される場合もありますので、デスクワークだけだから簡単だと期待していても、見事に裏切られる場合もあるでしょう。

    実際にその仕事をやってみなければわからない部分もありますが、事務職を募集と書いておきながら営業ばかりやらされるようなブラック企業も、まれに存在しています。

    私は運よくそのような会社に就職したことはありませんが、それでも私が当初抱いていた事務職のイメージとは、実際に働いてみるとかなり違うモノでした。

    簡単そうな仕事だから、と甘く見ていたら、私のように後で痛い思いをするかもしれません。どんな仕事でも楽して稼げる都合のいいものはありませんね。

    私が事務職の経験において特につらい思いをしたのは、他の社員との間に起きる軋轢です。

    事務職では職場の中でも立場が限られていますから、営業職の人からは軽んじられることも多いのです。

    営業職からの書類が回ってこないせいで、自分の仕事が思うようにはかどらないこともしょっちゅうでした。

    ですから、たとえ事務職であっても他の立場の社員と堂々と渡り合えるようなコミュニケーション能力くらいは、スムーズに仕事をこなすためにも必要だと実感しているところです。